大阪胃腸会(銀杏会) 代表世話人
NPO精管構基準撮影法指導講師 中園 直幸
第154回大阪胃腸会(銀杏会)開催のご案内
皆様方におかれましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。さて、今回は大腸検査について学ぶことに致します。近年、我が国において、死因の第1位は悪性新生物が占めており、なかでも大腸癌は急速に増加してきています。
原因は大腸検査の受診率の低さに尽きるかと思います。胃の検査と比較し前処置、検査手技の侵襲度など改善すべき因子が考えられます。死亡率減少にむけ診療放射線技師が携わる検査である注腸X線造影検査、CT-colonographyについて経験豊富な講師の方の取り組み、現状、それぞれの検査の特徴、役割など解説して頂きます。どうぞ、皆様のご参加お待ちしております。
               代表世話人 NPO精管構胃がんX線検診指導講師 大阪府信用金庫健康保険組合健康管理センター 中園 直幸

日 時: 令和元年9月14日(土)14:30~17:30
     新大阪丸ビル本館 511号室  *JR新大阪駅東口から歩いて2分ほどです。
参加費: 1,000円 
内容:
講座Ⅰ 『 注腸X線造影検査 』
講師:阪本胃腸・外科クリニック 平松 佐和子
講座Ⅱ『 当院のCT-colonographyについて 』
講師:尼崎中央病院 宮地 和明 技師長
症例検討 許諾頂いた馬場塾症例を使用しています
お問い合わせ:大阪府信用金庫健康保険組合 
担当 中園 直幸 TEL 06-6942-7071
*お電話での、お問い合わせは15:00~16:00にお願い致します。
 H P: http://www.osaka-ichokai.com
MAIL: info@osaka-ichokai.com