神戸頭部研究会 代表世話人 
榮昌会吉田病院 放射線科 森勇樹

 神戸頭部研究会は1986年発足以来、数々の「何でや!」を皆さんと一緒に考えて参りました。現在は“病理から考える…”というテーマで基礎から画像までを皆さんといっしょに見て、考える勉強会を開催しており、大阪・姫路・淡路等遠方から来られる方や新卒技師をはじめコメディカルを中心に多くの職種の方に参加して頂いています。更に新しい世話人も増え益々充実した研究会ですので、是非ご参加頂きますようお願い致します。
 
  以前、(社)日本放射線技師会雑誌の紙上講座を製本化した“脳細胞増殖講座”という冊子を発刊しました。その現代版として“続 脳細胞増殖講座”を現在企画、編集中ですのでご期待下さい。
 
 開催日 : 定例会 毎月第二水曜日  19:00~21:00
 会 場 : 神戸市立兵庫勤労市民センター第3会議室(平成23年より)
 会 費 : 500円
 連絡先 : 榮昌会吉田病院 放射線科 森勇樹
      tel 078-576-2773  fax 078-577-2792
神戸頭部研究会からのお知らせ
冷え込みの少ない今冬でしたが、早いものでもう3月ですね。早い春の訪れになりそうな予感です。
前定例会では、今年度のシリーズ企画である「とことん解剖」「とことん読影」と本項に先立ち「いまさらOM line」の3本立てで進めてまいりました。
「いまさらOM line」では頭部領域の撮像で用いられる基準線の検証を行いました。特にCT検査では位置決め画像の有無により横断面にずれがあること。MR検査においては橋延髄移行部-鼻根部間はCT位置決め画像のOMLと合致することが確認されました。興味深い検証でしたね。続いて「…解剖」では新人技師さんを対象とした「大脳の見え方、機能」について1年目技師が担当しました。脳表に注目し中心溝の同定、皮質の機能や役割を簡潔に説明いただきました。今までとは異なった切り口で非常に分かりやすい内容でした。「逆Ω」は基本!!ですね。本シリーズ全て担当されますので、今後も非常に楽しみです。後半は「…読影」を行いました。0-10mmの横断面で描出される、主に頭蓋底と副鼻腔を中心に進めました。日常検査の頭部領域では神経症状を伴った症例が殆どで、中枢神経系を主に観察を行ってゆきますが、注意深くみてゆくと様々な病変や正常変位、偽画像が含まれていることが分かりました。MR画像の左右非対称な信号がもたらす所見にも注意でしたね。さて、今回の定例会は下記の要項で進めてゆきます。解剖と読影をとことん勉強してゆきます!!新人さんからベテランの方までお誘い合わせのうえ、是非ご参加下さい。     (田上修二)
*お知らせ…新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、状況により開催を中止させていただく場合があります。案内はがきもしくはホームページによりご報告させていただきますので、ご確認をよろしくお願い致します。

題 目: 基礎から学ぶ!!
Seri.「とことん解剖」~大脳の見え方、機能について その2
たつの市民病院 医療技術部 診療検査課 前田 圭人
Seri.「とことん読影」
~横断面からのアプローチ10-20mm もり沢山の症例で!
吉田病院 放射線科 森 勇樹 
Seri.「こんな症例ありました」                                                                                   
日 時: 令和2年3月11日(水)19:00~21:00
会 場: 神戸市立兵庫勤労市民センター 第3会議室(JR兵庫駅北) TEL 078-576-0981
会 費: 会員・会員以外 500円
連絡先: 吉田病院 放射線科 森 勇樹
TEL 078-576-2773