神戸頭部研究会 代表世話人 
榮昌会吉田病院 放射線科 森勇樹

 神戸頭部研究会は1986年発足以来、数々の「何でや!」を皆さんと一緒に考えて参りました。現在は“病理から考える…”というテーマで基礎から画像までを皆さんといっしょに見て、考える勉強会を開催しており、大阪・姫路・淡路等遠方から来られる方や新卒技師をはじめコメディカルを中心に多くの職種の方に参加して頂いています。更に新しい世話人も増え益々充実した研究会ですので、是非ご参加頂きますようお願い致します。
 
  以前、(社)日本放射線技師会雑誌の紙上講座を製本化した“脳細胞増殖講座”という冊子を発刊しました。その現代版として“続 脳細胞増殖講座”を現在企画、編集中ですのでご期待下さい。
 
 開催日 : 定例会 毎月第二水曜日  19:00~21:00
 会 場 : 神戸市立兵庫勤労市民センター第3会議室(平成23年より)
 会 費 : 500円
 連絡先 : 榮昌会吉田病院 放射線科 森勇樹
      tel 078-576-2773  fax 078-577-2792
第329回 神戸頭部研究会のお知らせ 
春の訪れが待ち遠しい時期になりました。でもまだ寒さは続くようでして・・・。
前回の定例会はメーカー2社による造影検査技術をテーマにお話しいただきました。
装置側としてシーメンスヘルスケア株式会社様より、CT造影検査における低電圧撮影の臨床応用で造影剤の低減、
被ばく線量の低減、その物理的特性やディテクタなどの装置構造をお話しいただきました。
また、DE(dual energy)の原理や臨床応用の説明もあり、特定の疾患において診断価値の高い情報を得ることも理解できましたね。
最先端のフォトンカウンティングCTの紹介もいただき、(驚きあり!!)今後の展開に非常に興味が湧きました。
続いて注入側として株式会社根本杏林堂様より造影剤注入手技を中心にお話しいただきました。
血管造影の歴史から血管内手術で用いられるデバイスの説明、造影理論、先進的注入方法と広い領域を分かりやすい解説で理解することが出来ました。
注入方法も生食・造影剤の同時注入や台形注入など、低用量で最大のコントラストを得る手技も学びました。
まさに明日から使える内容でしたね。

装置、注入器の互いに最適な手技を併せて用いることで、診断価値の高い画像を得ることが大変勉強になった定例会でした。
また機会がありましたら第2弾!!進めたく思っております。さて、今月の定例会は下記の要項で行います。
日々の臨床業務においても、ちょっと今さら聞けないよな~ってこと、色々ありますよね。これ取り上げたく思います。
復習も兼ねて更に知識・技術の向上に努めてゆきましょう。多数のご参加をお待ちしております。
(田上修二)


題 目: 1.seri.「今さら聞けない・・・」
      2.seri.「こんな症例ありました」(予定)
      *詳細は案内はがきにてお知らせいたします!!
日 時: 令和6年2月14日(水)19:00~21:00
会 場: 兵庫区文化センター(旧 神戸市立兵庫勤労市民センター)第3会議室 
     JR兵庫駅北 TEL 078-576-0981
会 費: 会員・会員以外 500円
連絡先: 吉田病院 放射線科 森 勇樹
 TEL 078-576-2773