神戸頭部研究会 代表世話人 
榮昌会吉田病院 放射線科 森勇樹

 神戸頭部研究会は1986年発足以来、数々の「何でや!」を皆さんと一緒に考えて参りました。現在は“病理から考える…”というテーマで基礎から画像までを皆さんといっしょに見て、考える勉強会を開催しており、大阪・姫路・淡路等遠方から来られる方や新卒技師をはじめコメディカルを中心に多くの職種の方に参加して頂いています。更に新しい世話人も増え益々充実した研究会ですので、是非ご参加頂きますようお願い致します。
 
  以前、(社)日本放射線技師会雑誌の紙上講座を製本化した“脳細胞増殖講座”という冊子を発刊しました。その現代版として“続 脳細胞増殖講座”を現在企画、編集中ですのでご期待下さい。
 
 開催日 : 定例会 毎月第二水曜日  19:00~21:00
 会 場 : 神戸市立兵庫勤労市民センター第3会議室(平成23年より)
 会 費 : 500円
 連絡先 : 榮昌会吉田病院 放射線科 森勇樹
      tel 078-576-2773  fax 078-577-2792
  頭部研究会のお知らせ  
   日増しに寒さが加わり、秋も深まってまいりました。
もう通り越して冬並みの季節を感じることも・・・!! 
前回の定例会では3つのシリーズ題目で進めてゆきました。
まず始めに「ここがポイント」で医用画像表示用モニタを勉強しました。
民生用液晶モニタとの違いから、品質管理、日常・定期点検までと運用に必要な知識が得られました。
解像度・輝度・階調特性の3項目は特に重要で、実際の不変性試験も身につき、正しい管理を再認識することが出来ました。

 次に「こんな症例・・」でsubtraction MRAをお話しいただきました。
脳内血腫により血管の観察が出来ない!! 特にクモ膜下出血後、脳血管評価をする場合の対策を血管(血流)と血腫の信号から考えてゆきました。
とっても分かりやすい原理の説明で、改善された画像は大変驚きましたね。
また有用性の高い手技を学ぶことが出来ました。

 最後は「ここポイ」で頭の中の丸いものを行いました。
Willis動脈輪近傍にみられる丸いもの、鑑別の難しい症例がありますね。
脳動脈瘤・髄膜腫・下垂体腫瘍などが挙げられ、これらの特徴的な画像所見をまとめ、身体的症状と合わせて分析してゆきました。
微妙に異なる発生部位、周囲組織への影響なども理解出来ましたね。
「丸いもの」のみかた、更に磨きが掛かりました。
今回も臨床現場で大いに役立つ3題の定例会となりました。

 さて今月は下記の通り特別講演会を開催致します。放射線診断学における、神経・頭頚部領域で大変ご高名な小川先生をお招きしまして、臨床で活かせる実践系のご講演をいただきます。皆様のご参加を心よりお待ちしております。                                (田上修二)
 
日 時
平成29年11月11日(土)14:30~16:30

 
場 所 神戸ハーバーランドダイヤニッセイビル7F会議室     
   神戸市中央区東川崎町1-7-4
   ハーバーランドダイヤニッセイビル (7F クリニックフロア)
   TEL 078-360-5630(代表)
 
会 費 会員・会員以外1,000円
(講演会終了後、情報交換会もご用意しております)
 
内 容
題 目: 「ここまで読める中枢神経画像」~症例から学ぶ読影のコツ~
講 師: 鳥取大学医学部附属病院 画像診断治療学分野 教授 小川 敏英 先生

 
問い合わせ 吉田病院放射線科 森 勇樹 TEL 078-576-2773