放射線診療技術研究会 代表世話人  狩口 秀春

私たち診療放射線技師は、常々多くの患者様と接し、技師としての診療技術を提供しています。そこで最も必要なことは、いま行おうとしている診療行為のエビデンス(根拠)と結果に対する評価を理解し、患者様の予後や Quality of Life(生活の質)の改善を目指した行動を起こすことではないでしょうか。避けることの出来ない病に対し、患者さま・医師とともに闘えるEven partnerであるべきです。
 そこで、 多くの診療領域における専門家の意見を聴講し、 臨床の中でのクリニカル・ニーズを理解するとともに、より質の高い診療技術を患者さまに提供できる技術を得る場として、 研究会を起こすこととなりました。開催は2回/年予定しています。 世話人一同、皆様の参加を心よりお待ちしています。

     
 
 
日 時
 
場 所    
会 費
 
内 容    
問い合わせ